東洋工芸:オフィスチェア・バンケットチェア、ハイパーフックかけまくりを中心とした金属製家具及び各種特注家具の製造メーカー
株式会社東洋工芸
  flash版総合カタログはこちら
東洋工芸HOME 新着情報 採用情報 サイトマップ お問い合わせ English site

東洋工芸のアジア展開

HOME > 企業情報 > 会社概要

会社概要

■経営理念

1.

 

 

2.
人々の生活およびオフィス環境に、快適、便利、安全を届け、限りない生活文化の向上に貢献する。

 

元気で活気にあふれ、豊かな価値と技術革新を生み出す優良企業を目指す。
代表取締役 佐藤利幸
代表取締役 佐藤利幸
   

 

■経営ビジョン

1. 東洋を冠した会社名にふさわしいアジアメーカー・アジアカンパニーになる。
  1) アジアの成長を取込み、アジアとともに成長する。
  2) アジア地域に展開した生産・供給のアジアソーシングネットワークを絶 えずレベルアップして、アジアカンパニー東洋工芸の経営基盤とする。
  3)

日本品質×東南アジアコストの最強組み合わせにより、オフィスチェアー分野でアジア最強のメーカーになる。

    → 東洋工芸のアジア展開
     
2. 生活文化領域を事業領域とする。
  1) 経営理念に定めた“生活文化”を事業領域とし、消費者・生活者の感性と価値感にかない、生活の質的充実に貢献するツールを提供する。この領域において、チェアービジネスと石膏壁用物品固定具“ハイパーフック”の組み合わせによる、ユニークなポートフォリオを一層磨いて、ビジネス環境変化に柔軟に適応する。
     
3. 技術、品質、コストで卓越する。
  1) 環境・人間工学など産業界の技術進歩の最先端にあって、イスの本来的なパーフォーマンスに優れ、品質において卓越し、またコストは十全に低廉な製品をお客様に提供する。
     
4. 椅子作りの"知恵"(ソフト・ノウハウ)をビジネスにする
  1) デザイン、技術、ノウハウなど創業以来蓄積してきた無形資産のストックをライセンスして、対価を収穫する。
  2) 当社の“知恵”とアジア各地のパートナーの供給力を結合させ、世界市場に向けてオフィスチェアー商品を拡販する。

 

■東洋工芸 半世紀の事跡

わが国初の金属テーパー加工技術による製品開発、販売 (1957年)

 

アジア各国へ技術援助
  中国  通産省製品改良指導ミッション(中国対日経済貿易)へ参加 (1988年)
タイ国 リーコ社技術援助契約 (1994年)
台湾  三社へ技術供与
中国  高昇社他へ技術供与

 

政府公共団体褒章
  黄綬褒章受賞(創業社長佐藤春松) (1989年)
輸出貢献企業 通産大臣表彰 (1969年)
納税優良企業 国税庁長官

 

公的認証
  東京都優良輸出商品指定 (1961年)
輸出貢献企業認定 通産省 (1968年)
ISO 9001認証取得 (1998年)
中小企業庁経営革新企業認定 東京都知事 (2006年)

 

グッドデザイン賞
 

回転椅子:G-503
ミーティングチェアー:CR520P
バンケット・ミーティング : T’zクリッキー、T’zタック、T’zティアラ

 

工業所有権取得
  特許権、意匠権、商標権など日本のほか海外各国で多数取得