東洋工芸:オフィスチェア・バンケットチェア、ハイパーフックかけまくりを中心とした金属製家具及び各種特注家具の製造メーカー
株式会社東洋工芸
  flash版総合カタログはこちら
東洋工芸HOME 新着情報 採用情報 サイトマップ お問い合わせ English site

東洋工芸のアジア展開

HOME > 東洋工芸のイノベーション

東洋工芸のものづくり

卓越した椅子作りの技術

東洋工芸がアジア地域に展開するアジアソーシングネットワークをがっちり結び付けているもの、いわば結合素子は当社が保有する椅子作りの総合技術です。
茨城ハブ工場はデザイン・設計技術、品質技術、溶接技術、塗装技術、生産管理技術、ニューモデル試作、製品試験、金型製作補修等の椅子作りとその周辺のすべての技術を磨きあげ、その卓越技術の成果をソーシングネットワークに移植しています。
こうしてソーシングネットワーク全体の技術のレベルアップに絶えず注力・貢献しています。

 

品質の東洋

日本の市場、日本のユーザーの品質要求は世界で最も高い水準にあります。この日本市場でもまれ、販売されている椅子製品は世界的にも最も高い品質水準にあるといえましょう。
当社はこの日本市場の高い品質要求に適う品質基準、品質管理技術、品質情報、さらにものづくりの技術をアジアソーシングネットワークの各アンカーに供与し、その実行を管理・督励しています。

したがって私共がここから供給する品物は、私どもが誇りとする"品質の東洋"の名にこそ負うものであり、まさにユーザーの安心と信頼に確実にお応えする製品群です。

 

イス作りのイノベーション

東洋工芸は茨城工場を拠点として椅子作りのイノベーション・革新技術開発に真剣な努力を注いでいます。

茨城工場はイス技術のインキュベーター・培養基地として、アジアソーシングネットワークにおいて技術のハブとしての役割も果たしているのです。ここでは半世紀にわたり蓄積、練成してきた保有技術を磨き上げることはもとより、エルゴノミクス(人間工学)、エコロジー(環境工学)、ユニバーサル(普遍性工学)などの、先端的コンセプトとテクノロジーを追跡し、これにTPS(トーヨープロダクションシステム)を融合させて、イノベーションの実を挙げるべく不断の努力を注入しています。

茨城の生産現場ではこうして開発した新技術をテストし、そのパーフォーマンスを試しています。開発された新技術はここで効率性と有効性を確認したうえで、アジアソーシングネットワークに供与され、ネットワーク総合の技術的レベルアップに貢献します。

 

知恵の販売

東洋工芸は "椅子作りの知恵を販売する"新しいビジネスモデルを運営しています。東洋工芸が半世紀にわたり椅子専業メーカーとして蓄積してきた技術、ノウハウ、デザインのストックや新たに開発した技術をアジア地域の諸企業に対して技術援助契約によりライセンスするものです。

これら諸企業は東洋工芸の"知恵・ソフト・ノウハウ"を取り入れ、自社の生産に適用し、それぞれのローカル市場で製品販売利益を得ます。さらに当社とこれらの諸企業は相協力して、東洋工芸の知恵・ソフト・ノウハウとライセンシーであるアジア各国企業の持つ生産力のベストミックスにより生産した差別化商品を、欧米など世界市場へ投入するものです。

すでにその成果もいくつか実りつつあります。当社がデザインアイデアを創出し、ベーシックデザインを開発し、品質技術、量産設計、プロダクションシステムなど一連の"イス作りのソフト・ノウハウ"をアジア企業にライセンスし、またはアジアの他地域から部材を供給し、これに彼らの生産力を組み合わせて優秀製品を世界市場へ販売するものです。
東洋工芸はアジア企業との連携により、蓄積した、また発展させつつある知恵のストックをもって、世界市場への浸透を目指す新しいビジネスモデルの開発をスタートさせたことになります。